同じ効果が期待出来るエスシタデップ

エスシタデップは、抗うつ薬として知られるレクサプロのジェネリック薬で、ジェネリック大国インドで製造販売されています。
レクサプロは抗うつ薬として知られていますが、その中でも第三世代と呼ばれています。
第三世代の抗うつ薬というのは、セロトニンが再び取り込まれるのを阻害する作用があります。
具体的には、主成分のエスシタロプラムシュウ酸塩がセロトニン系の神経だけを選んで作用します。
そのために他の抗うつ薬で見られることが多い、口が乾いたり便秘になったり、あるいは心毒性などの副作用があまりありません。
セロトニンというのは、ノルアドレナリンやドーパミンと並んで、三大神経伝達物質の一つです。
幸せホルモンと呼ばれており、セロトニンがたくさん分泌されると、精神的にわくわくした気持ちになり、逆に不足するとうつ状態になりやすくなります。
そこでレクサプロは、セロトニンを再取り込みされるのを防ぎ、脳内シナプス間隙に含まれるセロトニンの濃度を高めるわけです。
その結果、セロトニンの伝達が良くなり、うつ症状を改善したり、不安症を改善したりします。
病院では、主にうつ病やパニック障害、対人恐怖症などの精神障害の治療薬として処方されます。
ジェネリック薬であるエスシタデップにも同様の効果が期待できます。
一日一回夕食後に服用し、飲み始めは少し吐き気を感じることもありますが、2週間くらいから効果を実感し始めます。
なお、エスシタデップは病院では処方されないので、購入したい場合は個人輸入代行サイトなどを利用すると便利です。

Comments are closed.