誰にでもかかってしまう可能性のある病気

現代社会で悩んでいる人が多い病気の一つがうつ病です。
以前に比べると社会でも良く知られていて、ただの怠けとはみなされなくなりました。
原因となっている物は一つではなく、様々な物が複雑に絡み合っています。
そのためすぐに状態が改善される人もいれば、全く変化しない人、良い状態とそうではない状態が交互に訪れる人など様々です。
ただ現代病とも言われていますが、原因となっている物の一つがその人の性格です。
性格自体は生まれつきの部分と、のちの学習・経験による物の2つが影響しています。
周りの環境等でも大きく変化します。
思春期を迎えて幼い頃とは全く変わってしまったと言う人もいるでしょう。
人の性格は色々ありますが、その中でもなりやすいと言われている物の一つが真面目だという事です。
責任感が強く、完璧主義者でしかも怠ける事ができない、自分を追い込んでしまう人はどうしても精神的に疲れやすいからです。
そして自分を追い込んでしまうと過度にストレスを感じ、病気を発症してしまいます。
さらに状態は悪化してきているのにまだ仕事を頑張らなければいけないと思ってしまう事も有ります。
周りにSOSを出す事ができれば良いのですが、それもできない事も少なくありません。
そのため、周りが気づくころには症状は酷く悪化していることも多々あります。
改善する為にはその原因となっている物を排除する事も重要ですが、まずは自分の精神を上手にコントロールする必要があります。
さらに必要な場合は抗うつ剤を利用する事も効果的です。
抗うつ剤は上手に使えば依存性もそれほどなく、やめる時も離脱症状で苦しむことも減ります。
こうあるべきだと自分自身を型にはめようとするとどうしても無理してしまう事が少なくありません。
少し位は自分のルールから外れていても大丈夫だと思えるくらいのおおらかさが時には必要だと言う事を理解しておくと良いでしょう。
さらに少々疲れを感じた時は休憩する等、自分を追い詰めない心掛けもうつ病にならない為には必要な事です。

Comments are closed.